外国為替の知識 FXを始める前に FX取引の基本 FX会社の選び方   トップページ

FX取引注文の種類

line

IFD注文 If Done

IFDとは、If done(もし〜ならば〜を実行する)という意味。

新規注文(注文1)と決済注文(注文2)がセットで予約できます。

IFD注文

現在、1ドル=100円。
1ドル=99円50銭になったら買い注文(注文1)を行い、1ドル=101円になったら売り注文(注文2)を行うという一回の注文でトレードを完結させます。

または、注文2をストップロス機能として使うなら1ドル=98円で売り注文(注文2)を行って損切り確定する使い方もあります。

メリット

  • 取引の開始と終了をセットでオーダーできる。

デメリット

  • ふたつ目の注文(注文2)が利益確定注文かストップロス注文のどちらかひとつしか選べない。
line

OCO注文 One Cancels The Other Order

OCO(オーシーオー)とは One Cancels The Other Order という意味。

新規注文と同時に決済注文をふたつ出すことが出来ます。

決済注文のふたつとは、利益確定の指値注文と損切り確定の逆指値(ストップロス)注文でどちらか一方が成立したらもう一方はキャンセルとなります。

この「OCO注文」は、新規注文時でも既に持っているポジションにも可能ですのでいろんな場面で活用できるでしょう。

【新規注文でポジションを持つ場合】

OCO注文

99円50銭の時に新規で買いポジションを持ち、この時点でOCO注文を入れます。

OCO注文の内容は1つ目が101円での利益確定決済注文。もうひとつは99円の逆指値(ストップロス)注文を入れます。その後、どちらかの注文が実行されると残るもうひとつは自動的にキャンセルされます。

【すでに持っているポジションでOCO注文の場合】

OCO注文

注文内容の結果は【新規注文でポジションを持つ場合】と同じでOCO注文を入れるタイミングの違いです。

【利益確保のOCO注文の場合】

OCO注文

99円時点ですでに持ってる利益の出ているロングポジション(買い)に、利益を伸ばす指値決済注文と利益確保の逆指値注文の2つの注文を入れるOCO注文の利用例です。

line

IFO注文 If Done + One Cancels The Other Order

IFO(アイエフオー)とは If Done+One Cancels the Other order の意味。

IFD注文(イフダン)OCO注文(オーシーオー)を組み合わせた注文方法で、最初にIFD注文を約定した後に自動的にOCO注文が発動されるます。

IFD注文は、トレードを始める新規注文と終わりの決済注文の両方を同時に予約注文できますが、決済方法の選択は一つしか予約注文できませんでした。もうひとつのOCO注文は、決済注文は二つの予約注文が可能でしたが新規注文の予約が出来ませんでした。

IFO注文IFD注文OCO注文を組み合わせることによって、一度に3つの予約注文が出せて決済注文も2つ可能になります。

IFO注文

他の予約注文同様に片方の決済注文が発動すれば、もうひとつの決済注文は自動的にキャンセルされます。

line

便利なトレール機能 Trailing Stop

トレール機能トレイリング・ストップ)とは変動するレートに対して利益確定ライン(逆指値決済)を設定幅で自動的に追尾してくれる機能です。

保有ポジションに利益が出てる場合、その利益をいかに大きく取れるかがFX勝利の秘訣のひとつです。かといって専業トレーダーでなければ常にパソコンに向かってることも出来ません。

仮に上昇トレンド中にロングポジションを持っていて、現在レートの少し下にストップ(利益確定)を常に置いておけば相場が反転して下がりだしても利益確保は出来ますが、いつも手動でストップの設定金額を変えていくことはパソコンの画面を常に見てないと出来ないことです。

かといってせっかく膨らんだ利益を画面を見てないことで取れなくなるのも悔しいもの…

トレール機能

そんな時はトレール機能トレイリング・ストップ)を設定しておけば、仮にトレンドが逆転してもトレール機能が引っ張り上げてきてくれた利益を約定することが可能です。

contentsOuter