外国為替の知識 FXを始める前に FX取引の基本 FX会社の選び方   トップページ

無料のFXデモトレードに申し込んで本番前に練習しよう!

FX(外国為替)取引を始めるにあたって、どこかFX会社を決めて口座開設をしないと始まらない。
でも、取引といっても何をどうするのか?

マニュアル本やサイトである程度知っても実際の経験なしでいきなり本番取引は?

そんな人のために各FX会社では無料でFX(外国為替)取引を体験できるデモトレードを用意してくれてます。とにかく一度、このデモトレードを体験することをオススメします。「いきなり本番!」と気合の入っている人もデモトレードを体験することはプラスになることはあってもマイナスになることは無いでしょう。

デモトレードでスキルアップ!

体験版(デモトレード)といってもPCソフトのような機能省略があるわけでもなく、実戦と同じように、それも無料でトレード体験が出来ます。本番との違いは利益が出てもお金にならないだけ…もちろん証拠金も何も入れてないわけだから当たり前のことです。それと損失が出ても支払う必要なんてない。お金のこと以外は本番と変わらないわけです。

line

無料でも真剣に…

よく【ゲーム感覚で…】とか言われるデモトレードですが、体験できる以上は真剣に取り組む方がいいでしょう。ゲームだからといってレバレッジを大きく使ったり、無謀なエントリーをしたり、自分のリズムも作らずに取引してたら、せっかくの体験の意味はなくなってしまいます。

残高がなくなってくればリセットのつもりで再度申し込んだりする人もいますが、それは実戦では撃沈を意味するものなので、やはり実戦のつもりで自分がFX(外国為替)取引に参加したら、どれくらいの購入予算があるのかを踏まえて注文を建てるべきでしょう。

line

指標発表も見逃すな!

デモトレードであっても実戦でのビットとアスクは出ていますので、指標発表時の相場の荒れなども体験できます。指標発表スケジュールもデモトレードで見れるようになっていますので、【どういった時にどう動くのか?】も理解できるようになりますので、指標発表時間を気にしながらデモトレードを行いましょう。

line

システムになれるのも無料体験で

FX(外国為替)取引に必須のチャート機能
デモトレードであっても、チャート機能を使って相場の予測をつけていきます。

このチャート機能はFX会社によって異なり、それぞれにデザインも機能も特徴があるので、自分の使いやすいチャートを提供してくれるFX会社を選ぶのも条件になるでしょう。FX会社によってはかなりハイスペックなチャートを提供してくれます。

しかし、このハイスペックなチャート機能。
ハイスペックなぶん機能も多くいろいろな解析が出来るのがメリットですが、人によっては使い方が複雑になってくるデメリットにもなります。

インストール不要!が謳い文句のWEBブラウザを使って表示するチャートなどは、高機能になればネット環境やPCのスペックによっては動作が遅くなってきます。ソフトをインストールするタイプのチャートは、WEBブラウザを使うよりスムーズに動作しますが、インストールすることでのPCへの悪影響を嫌う人もいます。

どのトレード画面が自分に合ってるのかを見つけるのもデモトレードのいいところです。

それにデモトレードを申し込んだからといって勧誘の電話とかメールとか、そんなのが来たことは無いです。もし心配ならYahooなどフリーアドレスを作って申し込めばいいでしょう。

line

デモトレードを体験しよう!!

M2J(マネースクウェア・ジャパン)の【トラリピFX】に外為どっとコムの【バーチャルFX】など、各社でデモ体験が無料で体験できます。

バーチャルFX サンプル

特に外為どっとコムでは、仮想マネー500万円をどこまで増やせるかを競って、1位の人には自動車を2位の人には海外旅行など総額500万円相当の豪華商品が、それも無料体験なのに用意されています。

※詳しくは外為どっとコム公式サイトでご確認下さい。

その他にもデモトレードを用意してくれているFX会社もあります。

DMM.com証券
【DMM FX】

デモトレード
FXトレーディング
【FXブロードネット】

デモトレード
ヒロセ通商
【LION FX】

デモトレード
121証券
【ロボット FX】

デモトレード
contentsOuter