外国為替の知識 FXを始める前に FX取引の基本 FX会社の選び方   トップページ

FXの証拠金取引とは?

FXとは Foreign Exchange外国為替のこと。
外国為替の取引によって利益を生むのが外国為替取引
この外国為替取引を一般の人でも出来るように商品化したのが外国為替証拠金取引です。

みなさんが言うFXとは、この外国為替証拠金取引のことを指しています。

外国為替の取引は主に世界の銀行間(インターバンク市場)で行われていますが、その取引においての最低単位は100万通貨!米ドルだと100万ドルで、米ドルを買いたいと思えば1億円前後のお金が必要になってきます。

そんな外国為替取引を一般の人でも参加できるように小口商品化したのが外国為替証拠金取引、みなさんが言うFXのことです。小口商品化されて1万通貨単位で取引できるFX商品が、最近は1,000通貨単位での取引を受けてくれるFX会社も出てきました。

小口化されたといっても1,000通貨単位の取引。
米ドルを1ドル=100円の時に1,000通貨買おうと思えば10万円前後のお金が必要です。 その10万円で買ったドルが値上がり1ドル=101円になった時に決済しても利益はたったの1,000円。1万円を儲けるには10円下がらなければならないけど10円なんてそう簡単には下がらないです。

なのになぜ、そんなに魅力のある商品なのか?
少ない資金でも儲けることが出来るといわれるのだろう?

みなさんが始めようとするFX(外国為替証拠金取引)とは、一定の証拠金(または保証金とも言う)を担保にして、その証拠金の何十倍や何百倍の取引が出来るところに「少ない資金でも儲けることが出来る」理由があるのです。

この証拠金、取引総額に対しての比率はFX会社によって異なりますが、1%の証拠金なら1ドル=100円の時に最低取引単位の1,000通貨を買おうと思えば1,000円で買えてしまいます。

証拠金取引

本来なら10万円が必要なところを1,000円で買えるのなら、もっと買って5万ドル買っても必要なお金は5万円。1ドル=101円になった時に売れば5万円の儲け!

5万円の資金で5万円の利益!

ドル/円レートで1円の変動は1日で動く金額です。これを1ヶ月に10回こなせば50万円、20回こなせば100万円、もう少し購入枚数を増やして10万円分買ったなら1円の円安で10万円の利益を生んでくれます。(全て勝てるわけではないですけど…)

証拠金が0.5%なら、同じ資金でもさらに2倍の取引が可能で2倍の利益を生みます。

FX(外国為替)取引が小口商品化されても大きな利益を得ることが出来るのは、差金決済取引だからできる証拠金取引という信用取引があるからこそ可能になっているのです。

contentsOuter