外国為替の知識 FXを始める前に FX取引の基本 FX会社の選び方   トップページ

外国為替市場は24時間営業

株式取引の場合、午前 9:00から11:00と午後12:30から15:00の間で取引が行われています。FX取引と同様に一般投資家がインターネットを利用して参加できますが、この時間帯は勤務中の時間帯。
仕事場で携帯電話でコチョコチョとするには少し難しいでしょう。

しかし外国為替取引の参加できる時間帯は24時間OK!

昼間は仕事に集中して帰宅後にFX取引に参加してる人が多いでしょう。
この24時間取引可能なことがFXの人気のひとつに上げられます。

24時間FX

外国為替市場は、日本時間の朝5時頃からウェリントン・シドニーで一日の取引が始まり、そのあとに東京が始まり同時間に香港・シンガポールでも外国為替市場への参加が増え、その後インドへ中近東へと…

15時頃からはユーロ圏のフランクフルトが、世界金融の中心地ロンドンの金融機関や投資家が参加しだして、そしてニューヨークの朝へと繋がっていきます。

ウォール街

外国為替市場は、東京市場ロンドン市場ニューヨーク市場と都市の名前で呼ばれますが、これらは物理的な市場が開く時間帯ではなく、その都市の昼間の活動(銀行や企業などの取引)が活発になる時間帯を都市名で呼んでるだけであって、ロンドン市場の時間帯でも東京からの参加者もいますしニューヨーク市場でも同じことで、日本からの参加者もいますし、あなたがFX取引を始めるなら取引可能なのです。

日本の銀行でも窓口業務は終わっていても担当ディーラーは居残って参加してるはずでしょう。

この外国為替市場の24時間の中で活発に取引が行われる時間帯プライムタイム(相場が動く時間帯 = 稼げる時間帯)がロンドン市場とニューヨーク市場が重なり合う時間帯です。

第1級の世界都市といわれるロンドンとニューヨーク、取引規模も大きいでしょう。この時間帯は日本時間で21時〜24時で、仕事帰りのサラリーマンが食事と入浴を終えたちょうどいい時間帯です。

この時間スケジュールがFXのいいところです。

それぞれの市場の特徴

東京外国為替市場

世界の三大市場のひとつでもある東京市場の特徴は、顧客為替の取引割合が1位のロンドン市場や2位のニューヨーク市場に比べ多いのが特徴で、ロンドン市場やニューヨーク市場の全体の取引の中の1割が顧客取引なのに対し、東京市場では3割を顧客為替の取引がしめていると言われています。

海外市場と比べて東京外国為替市場は、中央銀行(日本銀行)の影響が大きく、当局による介入がしばしば行われているせいか保守的なイメージが強いようです。

line

ニューヨーク外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場は世界第2位の取引所。
ニューヨークは世界の基軸通貨である米ドル(USドル)の本家でもあり世界経済の中心地です。

外国為替市場の米ドルの影響力は大きく、アメリカの経済指標によって世界中の取引に影響を与えます。

line

ロンドン外国為替市場

ロンドン市場は世界1位の外国為替市場です。

ロンドン外国為替市場において世界の取引量の約30%が行われているといわれ、その取引高は東京外国為替市場の約4倍とも…。かつての大英帝国として栄えたイギリス。その地位をアメリカに譲った今でも国際金融中心の座は譲っていないのです。

これはイギリスがロンドンを世界の金融機関が自由に活動できる拠点として保障してきたこと、自国の金融機関が国際金融業務であえて有利になるような政策を取ってこなかったことがなどがあります。

それと時間軸でのアジアとアメリカ市場の真ん中に存在する地理的条件もロンドン市場に取引が集中する理由に挙げれるでしょう。

ほかに中東地域の石油マネーがロンドンに流れることも要因のひとつです。

contentsOuter