外国為替の知識 FXを始める前に FX取引の基本 FX会社の選び方   トップページ

外国為替とは何ですか?

最近よく聞くFX

「FXって何よ?」
「外国為替の取引よ!」
「FXって外国為替? 取引???」

さて、この外国為替とは…

line2 海外通貨

外国為替とは異なる通貨を交換すること、例えば米国のドルと日本の円を交換したり、ヨーロッパのユーロと日本の円を交換したりすることで、英語で Foreign Exchange …略してFXと呼ばれています。外為とか為替とかも、この外国為替を略して呼ばれています。

仕事などで海外との取引、貿易業や原料の輸入や製品の輸出に携わってる人なら常に外国為替相場のことは気になるもの、でもそうでない方は言葉は聞いた事があっても内容まではと・・・そう思われるでしょう。そんな方なら一番身近にある外国の通貨の交換といえば海外旅行時の両替でしょうか。

例えばアメリカに旅行に行く時、身近な銀行で日本のお金をアメリカのお金(USドル)交換して持っていくでしょう。この2つの通貨を交換したことが外国為替取引をしたことになります。

外国為替取引

この時、日本お金(日本円)とアメリカのお金(USドル)を交換する比率というものがあり、これを「外国為替レート」と言います。外国為替相場、外為相場、外為レート、為替レートなどいろいろな呼ばれかたがあります。

この外国為替レート、ニュースの終わりなどに「本日の円相場は…」とか聞きますでしょう?…あのことです。銀行の窓口でも「米ドル相場」「ユーロ相場」「豪ドル相場」など提示されているでしょう。

例えば、1ドルを交換するのに100円を支払ったら、1ドル=100円が日本円とアメリカのドル(USドル)の外国為替レートになります。この為替レートは日々変動していて、帰国時に余ったドルを円に交換した時に1ドル101円(円安)なってることもあります。100ドル(10,000円分)持っていれば10,100円で100円の儲け、反対に帰ってきた時に1ドル99円(円高)になっていれば100ドルは9,900円で100円の損になるのです。

だから高額なドルが余ってる人は、帰国後に円高ならすぐに交換せず日を改めてドルに交換した時の外国為替レートに戻ってからドルを円に交換する人もいます。為替レートは日々変動してますので待ってることも得策でしょう。

この100円儲かった! 100円損した!ってのが外国為替取引の結果です。

もちろんこの人の目的は海外旅行がメインであって外国為替取引は二の次なのですが、これをメインで行うのが外国為替保証金取引とか外国為替証拠金取引とか呼ばれるFXです。

あれっ、外国為替証拠金取引? 外国為替保証金取引??
さっきまで出てきてる外国為替取引に証拠金や保証金の言葉が付いてるけどどういう意味?

そう思われるでしょうが、そのことはFXの証拠金取引とは?のページで…

iconFXの証拠金取引とは?

contentsOuter