外国為替の知識 FXを始める前に FX取引の基本 FX会社の選び方   トップページ

円高・円安とは?

円高や円安の言葉…
ニュースなどでも良く耳にします。

円高だから海外旅行がお得だ!
円安だからトヨタが儲かった!
円高で景気悪化!
円安で輸入商品急騰!

日本円

円高とは日本円が高くなることで、円安とは日本円が安くなること。
一般的には米ドルに対しての意味がほとんどでしょう。

1ドル100円が90円になったぞ!米ドルに対して円高だ!

これって一瞬悩みませんか?
100円が90円になったのなら安くなってるじゃん…って。
これは反対に考えたほうが分かりやすいでしょう。

1ドル100円ということは、1ドルで100円の商品が買えるけど、1ドルが90円になると1ドル持ってるアメリカ人は100円の商品は買えず90円のモノしか変えなくなるのです。1,000ドル持って日本へ旅行に来ても、1ドルが100円なら100,000円の買い物が出来るが、、1ドルが90円なら90,000円になってしまうのです。

アメリカ人からしたら円の価値が上がってることになります。
「円高で買い物が出来ない」と…

それか円を合わしてドルを動かせば、
10,000円=100ドル → 10,000円=90ドル
ドルが下がってるので円が上がってること…円高です。

円高や円安の言葉は良く耳にしますが、慣れるまでは「どっちだっけ?」と戸惑います。

日本は円安歓迎?

通常は自国通貨の価値が上がれば喜ぶべきこと。自国通貨の人気が無くなり誰も欲しがらないともっと安くなり、その通貨の信用も無くなり紙切れになってしまう。極端に言えばそうなるのだろうが、日本円は世界の3大通貨、国際通貨(インターナショナルカレンシー)として通用するだけの信用があるので外国為替レートが下がったところで通貨への信用度が下がるわけではないのでしょう。

ならば円安を歓迎して国内企業、特にトヨタ・ホンダ・ソニーを筆頭とした輸出企業を元気付けようと。日本を代表する大企業ゆえに売上が落ちると関連企業に連鎖し景気の悪化を招いてしまうのです。

円高がなぜ好ましくないかというと、例えば日本で200万円で売ってる自動車を同じようにアメリカに輸出して200万円の売上を見込んだ場合、1ドル100円の時なら20,000ドルで売れば200万円と等しくなります。しかし、1ドル90円になると200万円の売上を目標にするなら22,222ドルで売らなければならなくなる。

アメリカ人にしたら2,222ドルの値上げ!日本円で1ドル100円の時から約20万円の値上げですから売れなくもなるでしょう。頑張って値段据え置きの20,000ドルで売ってれば約20万円の値引きをしてることになり売上は激減するでしょう。

たかが数円の変動でも大きな取引の場合は影響も大きい。トヨタの場合、1円の円高ドル安で年間の営業利益が350億円減少するらしいから、その反対に1円の円安ドル高なら350億円の増収!車の販売台数が動かなくても外国為替相場の変動でこれだけ変わるのはすごい!

contentsOuter