外国為替の知識 FXを始める前に FX取引の基本 FX会社の選び方   トップページ

外国為替の投資

何時の頃からか外国為替が絡む投資商品が増えてきました。一般には外貨投資と呼ばれる各商品ですが、初めての人には少し敷居の高い投資かもしれません。外国の言葉を聞くと少し引いてしまう日本人には仕方ないことでしょう。

外貨投資

外貨投資が注目されだした切欠は日本の低金利が影響したことは言うまでもありません。日本の銀行に預金をしてても利回りは微々たるもの…

それならば金利の高い国に預けてたほうが得じゃん!」と日本から海外へ預金する人が出てきました。預金だけでなく投資で利益を上げる人も出てきました。海外の債権を買う人も出てきました。

どの手法にしても日本円を外貨へ交換しなければならないので外国為替というものが絡んできます。外国為替が絡むということは為替レートによって損益が発生するということ…だからちょっと手が出しにくい商品なのかもしれません。

外貨投資の種類

外貨預金

外貨預金とは元金や利息が外貨建ての預金。

主に米ドルやユーロ、オーストラリアドルなどで、国内での円預金に比べると金利が高めです。 預金するに当たって、日本円を外貨に交換して預け入れる(外貨建て)ので為替リスクを抱えてることになります。

また、「預金」と聞けば「投資」と違い安心な商品と思いがちですが、日本の銀行に預金していた場合は、1つの金融機関において1,000万円までの補償がありますが、外貨預金は対象外なので預けた銀行が破綻した場合の元本保証はありません。

line

外貨MMF

外貨MMFMoney Market Fund(マネー・マーケット・ファンド)】とは外貨建てMMFとも呼ばれる商品で、外国で設定されて日本に持ち込まれる外国投資信託の一種

投資のプロが安全性の高い債券などで運用してくれる商品で、主にドル建てMMF、ユーロ建てMMF、豪ドル建てMMFなどがあります。

対象通貨の高格付け、優良な債権・短期金融商品などを中心に運用されるので、外貨預金と違い外貨建て元本保証は無いが、安全性は高く利回りも高めなのが魅力。途中換金に制約条件がないことも外貨預金より魅力かもしれません。

line

外国債券

外国債券とは「外債」や「外国債」とも呼ばれ、国や企業が日本以外の国で発行する債券のこと。

基本的には国内債券と同じですが、発行元の国の信用度や金利動向、為替相場などの影響を受けるところが国内債券と異なってきます。

外国債券の中でもアメリカなどの世界の主要国の国債は、為替レートの影響はあるものの、信用性や流動性などの安全性は高く利回りもいいのが魅力でしょう。

line

外国株

外国株とは、日本以外の国の株式へ投資すること。

日本の証券会社を通じて、アメリカやヨーロッパ、中国、台湾、韓国などの株式へ投資します。インテル、マイクロソフト、コカ・コーラ、マクドナルド、ウォルマートなど、世界を代表する大企業へ投資ルルことも出来ますし、また中国株などで経済成長に便乗して大きな利益を得られる可能性もあります。

ただし、値幅制限がない市場では株価の変動が激しくなるリスクは大きいでしょう。まだ、外国市場や企業に関する情報量の少なさや、時差による取引時間の違いなどで、外国株はハイリスク・ハイリターンな投資といえるでしょう。

line

外国為替証拠金取引

外国為替証拠金取引とは、「FX」や「外国為替保証金取引」とも呼ばれ、外国為替の売買をリアルタイムで行い為替差益を目的とするもの。

外為法改正(1998年)により始まった金融取引で、一定の保証金を担保にし、その数倍から数百倍の金額の外国為替取引を行うことができます。為替レートは常に変動しているため、買いまたは売りのポジションを取ることにで常に収益機会があります。

外国為替証拠金取引(FX)の最大の特徴がレバレッジ効果
数倍から数百倍のレバレッジを効かすことで、少ない投資金で大きな利益を生むことができます。

しかしその反面、レバレッジ効果によって損失も膨らます危険性も孕んでいます。

contentsOuter